コケイラン(無班タイプ)


長野県 2014.6.23 画像をクリック
       コケイラン(無班タイプ)
ラン科コケイラン属
Oreorchis patens
(学名はコケイラン)

南千島〜九州にかけて広く分布
山地の落葉樹林下や林縁などに生える
高さ30〜50cmの多年草。
株には偽鱗茎が連なり、先端の珠先か
ら1〜2葉、珠の側方から花茎を出す。
葉は薄く、縦じわがあり、長さ20〜30cm、
幅1〜3cmの披針形。
5〜7月、 黄褐色で唇弁は淡く、無斑の
花を総状に多数つける。
この日. 観察した個体はふつうのコケイ
ラン
に混じって点在していた。
コケイランの1系との批判があるかも知
れないが、敢て別ページを設けた。


    長野県 2014.6.23 画像をクリック

トップページへ  前ページへ