コケイランモドキ


2015.7.3 画像をクリック

2015.7.3 画像をクリック

2015.7.3 画像をクリック

2015.7.3 画像をクリック
        コケイランモドキ
ラン科コケイラン属
Oreorchis coreana Finet

栃木県・九州 ・韓国(済州島)に分布
山地の樹林下や林縁などに稀に生える
高さ30〜50cmの多年草。
コケイランに似ているが.花が小さいこと
や唇弁の隆起が板状であること.唇弁の
中央部より側裂片が分かれること 蕊柱
は太く短い点で異なる。
韓国産を含め、本種には花粉塊柄があ
ることが、もっとも重要とされる。
遺伝子も韓国産と. 同一の配列だったこ
とから韓国から長距離移動して定着した
可能性が高いと記している。
2016年3月. 日本分類学会の英字誌(AP
G)で 「日本新産のラン科植物コケイラン
モドキ」と題して発表された。
産地は極めて少なく、中々出合えない。


      2015.7.3 画像をクリック

      2015.7.3 画像をクリック

      2015.7.3 画像をクリック

      2015.7.3 画像をクリック

トップページへ  前ページへ