コケイランモドキ


栃木県 2015.7.3 画像をクリック

栃木県 2015.7.3 画像をクリック

(蕊柱は直立/唇弁のカルスはプレート状)
栃木県 2015.7.3 画像をクリック

栃木県 2015.7.3 画像をクリック

栃木県 2015.7.3 画像をクリック

(コケイランモドキと同定した個体の果実)
群馬県 2018.8.3 画像をクリック

(未熟果/結実は良い)
群馬県 2018.8.3 画像をクリック

(未熟果)
群馬県 2018.8.3 画像をクリック

(蕾)
群馬県 2019.6.30 画像をクリック

群馬県 2019.7.7 画像をクリック

群馬県 2019.7.7 画像をクリック

群馬県 2019.7.7 画像をクリック

群馬県 2019.7.7 画像をクリック

(イモムシの食害)
群馬県 2019.7.7 画像をクリック

群馬県 2019.7.7 画像をクリック
       コケイランモドキ
ラン科コケイラン属
Oreorchis coreana Finet

栃木.高知.愛媛.佐賀.大分.群馬. 岐阜県
及び発見地の韓国(済州島)に分布
山地の樹林下や林縁などに稀に生える
高さ30〜50cmの多年草。
葉は長さ25〜35cm、幅1.8〜2.2cmの披
針形で表面に縦じわ. 先は尖る。
6〜7月. 上部に黄橙色(唇弁は白色・紫
色の班点)の花を疎らに多数つける。
コケイランに似ているが.花が小さいこと
や唇弁の隆起が板状であること.唇弁の
中央部より側裂片が分かれること 蕊柱
は太く短い点で異なる。
韓国産を含め、本種には花粉塊柄があ
ることが、もっとも重要とされる。
遺伝子も韓国産と. 同一の配列だったこ
とから韓国から長距離移動して定着した
可能性が高いと記している。
2016年3月. 日本分類学会の英字誌(AP
G)で 「日本新産のラン科植物コケイラン
モドキ」と題して発表された。
2018年7月1日. 6県目の産地がY子さん
によって.群馬県でも発見された。

現在. 群馬県はRDB調査中であるが.次
回. CRとして掲載される予定である。
環境省も次回の見直しリストでCRとして
登場するものと思われる。
分布が広範囲であるにも拘らず.産地が
少ないのも理由として挙げられる。
(2019.7.7追記)


     (唇弁の先端は巻き込まず.中央部から直角に反巻)
    栃木県 2015.7.3 画像をクリック

    (唇弁の横裂片の長さは唇弁中裂片の長さに対して長い)
    栃木県 2015.7.3 画像をクリック

    栃木県 2015.7.3 画像をクリック

           (蕊柱は直立)
    栃木県 2015.7.3 画像をクリック

    栃木県 2015.7.3 画像をクリック

       (果実/長さ約1.7cm 幅約4mm)
    群馬県 2018.8.3 画像をクリック

    群馬県 2019.6.30 画像をクリック

      (唇弁の先端は巻き込まず.中央部から直角に反巻)
    群馬県 2019.7.7 画像をクリック

    (参考掲載/コケイラン…唇弁は先端付近で外側に巻き込む)
   
長野県 2014.6.23 画像をクリック

     群馬県 2019.7.7 画像をクリック

     群馬県 2019.7.7 画像をクリック

     群馬県 2019.7.7 画像をクリック

    群馬県 2019.7.7 画像をクリック

トップページへ  前ページへ