ソウシシヨウニンジン


(果実)
長野県 2012.8.23 画像をクリック
       ソウシシヨウニンジン
ウコギ科トチバニンジン属
Panax japonicus f. dichocarpus

トチバニンジンの1品種
山地の林床などにやや稀に生える
高さ50〜80cmの多年草。
根茎は白色で横に這い、 1年毎に
1節増え、竹の節に似ている。
葉は長さ10〜30cm、 幅2〜7cmの
倒披針形、縁には鋸歯がある。
6〜8月、 花序の先端に径約3mm
の淡黄緑色の花をつける。
果実 (石果) は直径約6mmの球形、
8〜9月に赤色と黒色に熟す。
想思子様人参とされるが. 凡人に
意味はよく理解できない。


             果実)
   長野県 2012.8.23 画像をクリック