アブクマトラノオ


福島県双葉郡 2010.4.29 画像をクリック

福島県双葉郡 2010.4.29 画像をクリック
        アブクマトラノオ
タデ科イブキトラノオ属
Bistorta abukumensis

福島〜宮城県の太平洋側に分布
1995年、阿武隈山系の標本をもとに
米倉浩司氏が新種発表した。
山地のやや湿った林床などに生える
高さ10〜20cmの多年草。
葉の形はクリンユキフデに花序の特
徴はハルトラノオに似ている。
葉は長さ5〜9cmの卵形〜卵状楕円
形で、先は鋭く尖る。
4〜5月、花茎の先に花序を出し、白
色の清楚な花を多数つける。
沢沿いの林床にはヤマウツボ・フイ
リヒメフタバランも見られた。


   福島県双葉郡 2010.4.29 画像をクリック

   福島県双葉郡 2010.4.29 画像をクリック

トップページへ  前ページへ