アカボシタツナミソウ


沖縄県(本島) 2007.3.18

沖縄県 2014.12.14 画像をクリック
       アカボシタツナミソウ
シソ科タツナミソウ属 
Scutellaria rubropunctata

鹿児島県屋久島〜沖縄県に分布
海岸近く〜山地の林縁などに生える
高さ20〜100cmの多年草。
茎に白色の伏毛があり、 基部は地
を這い、先は直立する。
葉は三角状卵形、先は鈍く、基部は
広楔状〜浅心状になる。
両面に短毛が散生し、 赤褐色の腺
点(腺毛)が密にある。
1〜5月、 穂状花序に1.3〜1.5cmの
淡紫色の花を多数つける。
和名は花冠の紋様が星の形に似て
いることに由来する。
県道沿いや海岸沿いで観察する。


       沖縄県(本島) 2007.3.18

   沖縄県 2014.12.14 画像をクリック

トップページへ  前ページへ