アカジクヘビノボラズ


群馬県赤城山 2004.6.6

群馬県赤城山 2004.6.6
         アカジクヘビノボラズ
メギ科メギ属
Berberis amurensisRupr f. bretschneideri

ヒロハヘビノボラズの1品種で、花軸や
花柄が赤褐色になるものを呼ぶ。
山地の落葉樹林内や林縁などに生える
高さ2〜4mの落葉低木。
樹皮は灰褐色、コルク層が発達する。
葉は互生し、短枝の先に集まってつく。
葉身は倒卵形〜楕円形、ふちには刺状
の細かい鋸歯がある。
5〜6月、枝先に総状花序をだし、黄色
の花が10数個垂れ下がってつく。
奥秩父、八ヶ岳の多くが、同種である。


     埼玉県奥秩父 2003.6.11

     埼玉県奥秩父 2003.6.11

トップページへ  前ページへ