アキノウナギツカミ


(紅葉したアキノウナギツカミ)
長野県北佐久郡 2008.10.16 画像をクリック

栃木県渡良瀬遊水地 2009.9.27 画像をクリック

栃木県渡良瀬遊水地 2009.9.27

群馬県 2015.10.5 画像をクリック
        アキノウナギツカミ
タデ科イヌタデ属 
Persicaria sieboldi

低地〜山地の水湿地にふつうに生える
高さ60〜100cmの1年草。
葉は互生、長さ5〜10cmの卵状披針形
〜長披針形で、先端は鋭頭。
葉の基部は耳状に張り出し、茎を抱くよ
うな矢じり形をしている。
6〜9月、枝先に白色〜淡紅色の小さな
花を集まって多数つける。
浅間山麓の水辺に群生していた。


    長野県北佐久郡 2008.10.16

    長野県北佐久郡 2008.10.16

    群馬県 2015.10.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ