アクシバ


長野県木曽郡 2003.8.4 画像をクリック
        アクシバ
ツツジ科アクシバ属 
Hugeria japonica

山地の林内や林縁などに生える
高さ30〜100cmの落葉低木。
若い枝は緑色で、次第に灰黒褐
色になる。
葉は互生、葉身は卵形〜広披針
形で、先端は鋭く尖る。
6〜7月、葉腋に淡紅色まれに白
色の花を1個ずつつける。
木曽山中で見たアクシバは花冠
が白色を帯びていた。

トップページへ  前ページへ