アマモシシラン


(シマオオタニワタリの根元に生育)
沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック
        アマモシシラン
シシラン科シシラン属
Vittaria zosterifolia

別名:シマシシラン
大隈半島以南、小笠原に分布
林中の岩上、樹幹などにぶら下がる
常緑性のシダ植物。
根茎は匍匐し、密に鱗片と褐色の毛
をつけ、葉を相接する。
葉身は線状、長さ30〜120cm、幅0.5
〜2.5cm、次第に狭まる。
胞子嚢群は葉縁にあって、外側に向
かって開く深い溝に生じる。
よく似ているコブランは葉の幅が広く、
捩れている。
西表島の源流部ではシマオオタニワ
タリの株元に生育していた。


   沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

トップページへ  前ページへ