アオヤギソウ


長野県三方ヶ峰 2005.7.20
(後方の青紫色はアヤメ)
         アオヤギソウ
ユリ科シュロソウ属
Veratrum maackii var. parviflorum

山地の林内や湿った草原に生える
高さ50〜100cmの多年草。
茎の基部はシュロ毛状の繊維にお
おわれる。
葉は茎の下部に集まり、長楕円形
で長さ、20〜30cm、基部は鞘に
なって茎を抱く。
6〜8月、茎頂の円錐花序に直径
約1cmの花を多数つける。
和名は緑色花と柳に似た葉の様子
に由来する。
花が暗紫褐色のをシュロソウ(var.
japonicum)という。
八方尾根や至仏山にはタカネアオ
ヤギウ
が自生する。

トップページへ  前ページへ