アサマヒゴタイ


群馬県妙義山 2003.10.10 画像をクリック

群馬県 2005.9.14 画像をクリック

群馬県 2010.10.1

長野県 2017.9.15 画像をクリック

長野県 2017.9.15 画像をクリック
      アサマヒゴタイ
キク科トウヒレン属
Saussurea nipponica subsp . savatiri

別名:ツクバヒゴタイ
関東地方〜中部地方に分布
山地の林内や林縁にふつうに生える
高さ30〜80cmの多年草。
茎は細く、狭い翼がつくものもある。
9〜10月、枝先に細長い淡紅色の花
をつけ、先は外に曲がる。
下部の葉は長さ10〜12cmの卵形で、
縁には広い鋸歯が見られる。
妙義山、荒船山、浅間山は登山道で
ふつうに観察できる。


   群馬県 2003.9.14 画像をクリック

       群馬県 2010.10.1

   群馬県 2010.10.1 画像をクリック

   長野県 2017.9.15 画像をクリック

   長野県 2017.9.15 画像をクリック

トップページへ  前ページへ