アサマスゲ


 長野県 2002.6.2

長野県 2002.6.2

長野県 2002.6.2

長野県 2017.5.30 画像をクリック

長野県 2017.5.30 画像をクリック

長野県 2017.5.30 画像をクリック
      

アサマスゲ
カヤツリグサ科スゲ属
Carex lithophila

茨城県以西の本州に分布
河川の草地や湿地などにやや稀に生える
高さ20〜40cmの多年草。
葉は幅2.5〜3mm、 穂状花序は卵形〜狭
卵形で長さ1.5〜2cm、苞は無い。
ウスイロスゲによく似るが、 小穂はさび色
または赤褐色を帯び、果胞もよく似ている
が、本種は無毛である。
和名は浅間菅でフォーリー氏が浅間山麓
で初めて採集したことに由来する。
浅間山が望める湿地に群生していた。
この湿地はエンビセンノウやアサマフウロ
などの希少種も自生している。
植物研究会のIさんのお世話になる。


    長野県 2009.6.2 画像をクリック

    長野県 2009.6.2 画像をクリック

    長野県 2017.5.30 画像をクリック

トップページへ  前ページへ