アスパラガス


北海道 2014.7.11 画像をクリック
       アスパラガス
ユリ科クサスギカズラ属
Asparagus officinalis

別名:アスパラ
南ヨーロッパ原産、我が国へは江戸
時代に鑑賞用として伝来。
最初の栽培者は明治時代、 北海道
の下田喜久三農学博士。
休耕地や道ばたなどに逸出している
高さ80〜120cmの多年草。
松葉のように細く見えるのは.茎の部
分で、疑葉と呼ばれている。
5〜8月、細長い花枝に黄緑色の小さ
な花を多数つける。
原生花園の一角で数個体、観察した
が、種子飛来と考えられる。


   北海道 2014.7.11 画像をクリック

トップページへ  前ページへ