アズマレイジンソウ


群馬県多野山地 2005.9.8 画像をクリック

長野県蓼科山 2005.8.22

群馬県 2014.9.26 画像をクリック
      アズマレイジンソウ
キンポウゲ科トリカブト属
Aconitum pterocaule

関東地方〜中部地方に分布
山地〜亜高山の林内や林縁に生える
高さ80〜150cmの多年草。
根出葉は長い柄があって、 5〜7中裂
し、裂片は更に浅裂する。
8〜9月、総状花序に淡紅紫色〜淡青
紫色の花をつける。
茎や花柄は屈毛なので、 開出毛のレ
イジンソウとは区別できる。
和名は花の形が雅楽を奏でる伶人(レ
イジン)の冠に似ている事に因む。
北関東及び長野県東部に自生する多
くはアズマレイジンソウである。


   群馬県多野山地 2005.9.8 画像をクリック

            (花茎は屈毛)
    群馬県 2014.9.26 画像をクリック

   群馬県 2014.9.26 画像をクリック

トップページへ  前ページ