ベニバナセンウズモドキ《仮称》


群馬県 2016.9.27 画像をクリック

群馬県 2016.9.27 画像をクリック
       ベニバナセンウズモドキ《仮称》
キンポウゲ科トリカブト属
Aconitum jaluense ssp. iwatekense f. rosea mm(学名:筆者記)

センウズモドキの紅花品
山地〜深山の林内・林縁に稀に生える
高さ80〜170cmの多年草。
葉は3全裂〜3深裂または5中裂、中ほ
どの茎葉は円心形で長さ7〜12cm。
花柄全体に腺毛混じりの開出した毛が、
やや密に見られる。
9〜10月、 茎の上部に淡紅色の美しい
花を円錐状に多数つける。
発表はしていないが紅花をf. roseaとす
る先例に倣って学名を記した。



   群馬県 2016.9.27 画像をクリック

   群馬県 2016.9.27 画像をクリック

トップページへ  前ページへ