ベニバナツクバネウツギ


埼玉県奥秩父 2003.6.11

 山梨県櫛形山 2008.6.25 画像をクリック
     
ベニバナツクバネウツギ
スイカズラ科ツクバネウツギ属
Abelia spathulata var. sanguinea

ツクバネウツギの変種
関東地方〜中部地方に分布
海抜 800〜2000mの山地に生える
高1〜2mの落葉低木。
5〜6月、 新枝に花柄を出し、暗紅
紫色の花を2個並んでつける。
和名は羽根(羽子板)のことで、5弁
の羽根と紅色の花に由来。
奥秩父の尾根筋でよく見かける。


    山梨県櫛形山 2008.6.25 画像をクリック

        山梨県 2009.6.13

トップページへ  前ページへ