ボタンヅル


群馬県多野山地 2006.8.13
          ボタンヅル
キンポウゲ科センニンソウ属 
Clematis apiifolia

本州、四国、九州に分布。
日当たりの良い山野の林縁などに生える
つる性の半低木。
葉は1回3出複葉、小葉は広卵形、先は
鋭く尖り、鋸歯がある。
8〜9月、葉腋に多数の花をつける。
花弁はなく、白い花弁状の萼片4個が十
字形に開く。
センニンソウと共に随所で見られる。


     群馬県多野山地 2006.8.13

トップページへ  前ページへ