ブコウミツバフウロ


群馬県 2010.10.4 画像をクリック

群馬県 2010.10.4 画像をクリック

群馬県 2015.9.24 画像をクリック
        ブコウミツバフウロ
フウロソウ科フウロソウ属
Geranium wilfordii f. bukoense

山地の林縁や路傍にやや稀に生える
高さ30〜80cmの多年草。
葉は対生、長さ3〜8cmで3深裂、花柄
や葉柄に著しい開出毛がある。

7〜10月、枝先や葉腋から長い花柄を
だし、淡紅紫色の花をつける。
母種のミツバフウロは花柄に下向きの
屈毛と圧毛が密生する。

変種のタカオフウロ(var.chinensis)は
萼片に開出毛がある。
和名は埼玉県の武甲山で、最初に発
見されたことに由来する。


    群馬県 2010.10.4 画像をクリック

    群馬県 2015.9.24 画像をクリック

トップページへ  前ページへ