チリメンナガボソウ


沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック
        チリメンナガボソウ
クマツヅタ科ナガボソウ属
Stachytarpheta dichotoma

南アメリカ原産帰化植物
沖縄に分布し、原野や路傍に生える
草丈50〜120cmの多年草。
茎は基部でよく分枝、低木状になっ
て四角形の節がある。
葉は対生、長さ2〜8cm、幅2〜5cm
の卵形〜長楕円形。
表面は著しくシワが目立ち、縁には
粗い鋸歯がある。
ほぼ通年、太い円注形の花穂に濃
紫色の花を穂状につける。
よく似ている フトボナガボソウは葉
の表面が滑らかである。
フトボナガボソウと棲み分けていた
が、混生していれば紛らわしい。


   沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

トップページへ  前ページへ