チョウジタデ


栃木県渡良瀬遊水地 2004.8.24
          チョウジタデ
アカバナ科チョウジタデ属
Ludwigia epilobioides

水田や畦・湿地などにふつうに生える
高さ30〜70cmの1年草。
茎には稜があり、しばしば赤みを帯び、
葉は披針形、表面に側脈が目立つ。
8〜10月、葉腋に直径6〜8mmの黄色
の小さな花をつける。
似た仲間にウスゲチョウジタデがある。

トップページへ  前ページへ