ダンチク


山口県 2005.11.12
           ダンチク
イネ科ダンチク属 
Arundo donax

関東地方以西、四国、九州に分布。
海岸や川岸などに生える高さ2〜4mの
常緑性多年草。
根茎は地中を長く這って群落をつくる。
茎は直径2〜4cmで節が多く、竹に似
ているが、折れやすい。
葉は緑白色で互生し、先は垂れる。
花序は円錐状で、赤紫色を帯びた光
沢のある小穂を多数つける。
和名は暖竹で暖かい地方に生え、竹
の仲間に見えることに由来する。
瀬戸内海を望む高台で撮影した。

トップページへ  前ページへ