エダウチスズメノトウガラシ


新潟j県柏崎市 2008.9.25 画像をクリック
       エダウチスズメノトウガラシ
ゴマノハグサ科アゼトウガラシ属
Lindernia antipoda var. grandiflora

水田、休耕田、ため池周辺などに生える
高さ10〜20cmの1年草。
葉は対生し、 長さ2〜4cmの倒披針形で、
縁に鋸歯があり、先は尖る。
8〜10月、茎上部の葉腋から花柄を出し、
淡紅紫色の花をつける。
近年、スズメノトウガラシは本種とヒロハ
スズメノトウガラシに分けられた。
葉、花冠の特徴などからエダウチスズメ
ノトウガラシとした。


   新潟j県柏崎市 2008.9.25 画像をクリック

トップページへ  前ページへ