エンシュウツリフネソウ


長野県下伊那郡 2009.9.13 画像をクリック

長野県下伊那郡 2009.9.13 画像をクリック
       エンシュウツリフネソウ
ツリフネソウ科ツリフネソウ属
Impatiens hypophylla var. microhypophylla

別名:エンシュウツリフネ
ハガクレツリフネの変種で静岡、愛知、
長野県の狭い範囲に分布
山地のやや湿ったところに稀に生える
高さ30〜50cmの1年草。
葉は互生、 長さ10〜15cmの菱形状楕
円形で細かい鋸歯がある。
8〜9月、葉腋から花序を出し、淡紫色
の花を葉の下につける。
花弁は3個、下の2個が大きく、赤紫色
の美しい斑点がある。
ツリフネソウ科の中で、本種は唯一の
絶滅危惧種(U類)である。
愛知県境の長野県側で撮影する。


   長野県下伊那郡 2009.9.13 画像をクリック

   長野県下伊那郡 2009.9.13 画像をクリック

トップページへ  前ページへ