エゾノリュウキンカ


北海道礼文島 2011.6.4 画像をクリック
       エゾノリュウキンカ
キンポウゲ科リュウキンカ属
Caltha palustris var. barthei

本州北部〜北海道に分布
山地の沢沿いや湿地などに生える
高さ30〜70cmの多年草。
根生葉は幅8〜30cmの腎形、縁に
は整然とした鋸歯がある。
6〜8月、茎頂に径3〜3.5cmの黄色
の花を多数つける。
滝へ向かう沢沿いで観察する。


    北海道礼文島 2011.6.4 画像をクリック

トップページへ  前ページへ