エゾサンザシ(クロミサンザシ)


長野県 2006.6.14 画像をクリック

(未熟果)
長野県 2004.6.26 画像をクリック

(未熟果)
長野県 2004.6.26 画像をクリック

(果実)
長野県小県郡 2004.8.21 画像をクリック

(果実)
長野県 2013.9.4 画像をクリック

(花期終盤)
長野県 2018.6.3 画像をクリック

(花弁欠落)
長野県 2018.6.3 画像をクリック
      エゾサンザシ(クロミサンザシ)
バラ科サンザシ属
Crataegus chlorosarca

北海道、長野県(菅平)に分布
湿生の草原・ 林縁などに稀に生える
高さ3〜8mの落葉小高木。
樹皮は灰渇色、枝には長さ1cm程の
太い刺がまばらにある。
葉は互生. 葉身は長さ5〜10cmの広
卵形〜卵形. 縁は羽状に浅く切れ込
み、欠刻状の鋸歯がある。
5〜6月.枝先に直径1〜1.5cmの白い
花が集まって咲く。
環境省発刊のRDB はクロミサンザシ
とは別種と記載している。
観察ガイドにはクロミサンザシ(別名
:エゾサンザシ)と解説してある。
現在はエゾサンザシ. クロミサンザシ
を同一とする学者が多い。


    長野県 2006.6.14 画像をクリック

         長野県 2001.6.9

            (未熟果)
    長野県 2004.8.21 画像をクリック

             (果実)
    長野県 2004.8.21 画像をクリック

            (花期終盤)
    長野県 2018.6.3 画像をクリック

            (花弁欠落)
    長野県 2018.6.3 画像をクリック

トップページへ  前ページへ