アオスズラン


長野県湯の丸高原 2006.7.29

長野県湯の丸高原 2006.7.29
       エゾスズラン
ラン科カキラン属
Epipactis helleborine var. papillosa

別名:アオスズラン
山地の落葉樹林内や林縁に生える
高さ30〜60cmの多年草。
ハマカキランに似ているが、花被片
は淡色、 細い地下茎が伸び、先に
新しい根が出し新株をつくる。
葉は10個ほど互生し、短毛がある。
7〜8月、茎の上部に緑色の地味な
花を20〜30個ほどつける。
別名の通り、 全体が緑色を帯びる。


     長野県湯の丸高原 2005.8.2

    長野県湯の丸高原 2006.7.29

トップページへ  前ページへ