フサナリツルナスビ


沖縄県(本島) 2007.3.17
          フサナリツルナスビ
ナス科ナス属
Solanum seaforthianum

別名:ルリイロツルナス
熱帯アメリカ原産の帰化植物。
草地や林縁などにやや稀に生える
長さ2〜3mのつる性植物。
葉は互生、長楕円形で先は尖る。
1〜4月、葉腋から8〜15cmの花軸
を伸ばし、青紫色の花をつける。
日本は観賞用に栽培していたもの
が逸出、沖縄で野生化。


      沖縄県(本島) 2007.3.17

トップページへ  前ページへ