フシザキソウ


沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック
       フシザキソウ
キク科フシザキソウ属
Synedrella nodiflora

熱帯アメリカ原産の帰化植物、関西
以西、八丈島、小笠原に分布。
畑地・路傍・荒地・芝地などに生える
高さ30〜60cmの1年草。
茎は直立し、二叉状によく分枝、粗い
短毛が密生する。
葉は対生、長さ5〜12cmの卵状披針
形で、縁には鋸歯がある。
ほぼ通年、茎頂または葉腋に黄色の
頭状花を数個ずつつける。
和名は花を節上につけるという意味
から節咲草と名づけられた。
リュウキュウトロロアオイ、シマウリク
サなどと散生していた。


  沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

トップページへ  前ページへ