フトエバラモンギク


長野県上田市 2005.6.5 画像をクリック
       フトエバラモンギク
キク科バラモンジン属
Tragopogon dubius

ヨーロッパ原産の帰化植物
荒れ地や路傍、河原などに生える
高さ50〜70cmの越年草。
葉は線形で柔らかく.基部は茎を巻
くように抱いて互生する。
春〜夏にかけて. 茎の先に直径約
5cm黄色の舌状花をつける。
バラモンギクに似るが.頭花の柄は
先に向かって太くなる。
花は午前9時頃開き.正午過ぎには
閉じ,痩果に羽毛状の冠毛がある。


   長野県上田市 2005.6.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ