ガンゼキラン


東京都伊豆七島 2008.5.24 画像をクリック

東京都伊豆七島 2008.5.24 画像をクリック
        ガンゼキラン
ラン科ガンゼキラン属
Phaius flavus

東海地方以西、四国、九州に分布
常緑樹林の林床などにごく稀に生える
高さ60〜80cmの多年草。
偽鱗茎(バルブ)は卵状の円錐体で長
さ4〜8cm、縦に隆起がある。
葉身は長さ20〜40cm、 幅5〜10cmの
常緑で、縦じわが目立つ。
4〜7月、太い花茎の先に鮮やかな黄
色の花を多数つける。
和名は偽鱗茎(バルブ)が岩石のよう
に硬いことに由来する。
前回、蕾を確認していた為、花期はバ
ッチリだったが、雨に祟られた。
ある谷沿いに300株以上自生していた
が、群落を表現できなかった。
この素晴らしい光景が、島から消えな
いこと願いつつ、自生地を後にした。


 東京都伊豆七島 2008.5.24 画像をクリック

 東京都伊豆七島 2008.5.24 画像をクリック

トップページへ  前ページへ