ギンリョウソウモドキ


埼玉県秩父市 2003.9.4 画像をクリック

長野県 2009.9.6 画像をクリック

高知県 2011.9.5 画像をクリック

長野県 2014.9.3 画像をクリック

(果実 緑の葉はセリバオウレン)
長野県 2016.2.16 画像をクリック
      

ギンリョウソウモドキ
イチヤクソウ科シャクジョウソウ属
Monotropa uniflora

別名:アキノギンリョウソウ
山地に生える葉緑素を欠く腐生植物
全体に白色で、 高さ10〜30cm、鱗片葉
は卵状長楕円形。
ギンリョウソウに似ているが、液果には
ならず刮ハとなる。
ギンリョウソウは各地でふつうに観察で
きるが、 ギンリョウソウモドキ(アキノギ
ンリョウソウ)は出合う機会が少ない。
秩父丘陵ではコナラ、クリなどの林床に
50個体以上が自生していた。
この植物は開花期、前年の刮ハが残っ
ているので簡単に見分けられる。


        静岡県 2006.9.24

   (刮ハ) 群馬県藤岡市 2006.10.31

    長野県 2011.9.16 画像をクリック

     長野県 2014.9.3 画像をクリック

              (果実)
    長野県 2016.2.16 画像をクリック

トップページへ  前ページへ