ゴマギ


栃木県渡良瀬遊水地 2009.5.2 画像をクリック
       ゴマギ
スイカズラ科ガマズミ属
Viburnum sieboldii

関東地方以西、四国、九州に分布
丘陵地〜山地の尾根や林縁に生える
高さ5〜10mの落葉小高木。
樹皮は灰褐色、 葉は対生、葉身は長
さ6〜15cm、幅2〜9cmの倒卵状長楕
円形で、上部に鋸歯がある。
4〜6月、枝先に円錐花序をだし、白い
小さな花を多数つける。
和名は枝や葉を揉むとゴマの匂いが
することに由来する。
渡良瀬遊水地は湿地周辺の小高い
丘などで観察できる。


  栃木県渡良瀬遊水地 2009.5.2 画像をクリック

トップページへ  前ページへ