ゴザダケシダ


沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック
       ゴザダケシダ
ホングウシダ科ゴザダケシダ属
Tapeinidium pinnatum

伊江島・沖縄本島・八重山に分布
渓流沿いの斜面や岩隙などに生える
常緑性の中型シダ。
葉は叢生または1cm間隔でつき、葉
柄は長さ15〜25cmで、わら色。
葉身は長さ15〜50cm、幅12〜25cm
の単羽状〜羽状複葉。
胞子嚢群は葉裏裂片の側面につき、
包膜はコップ形で、暗色。
和名は最初の発見地、西表島の御
座岳(ござだけ)に由来する。
西表島の源流部に点在していた。


      沖縄県(西表島) 2008.12.14

トップページへ  前ページへ