ハチジョウナ


神奈川県三浦半島 2005.10.21
          ハチジョウナ
キク科ノゲシ属
Sonchus brachyotus

海岸の砂地などにふつうに生える
高さ30〜80cmの多年草。
葉は互生、 長楕円状披針形、縁
には欠刻状の歯牙がある。
基部はやや丸く張り出し、茎を抱
き、裏面は粉白色を帯びる。
8〜10月、茎の先に黄色の頭花を
数個つける。
ネコノシタを撮影した近くの砂地に
点在していた。

トップページへ  前ページへ