ハチジョウテンナンショウ


東京都伊豆七島 2008.5.24 画像をクリック
        ハチジョウテンナンショウ
サトイモ科テンナンショウ属
Arisaema hatizyoense

伊豆諸島固有種で、御蔵島・八丈島
のみで確認されている。
山地の林内・林縁にふつうに生える
高さ60〜70cmの多年草。
マムシグサに比べ、2枚の葉はやや
小さく、小葉は7枚前後。
仏炎苞は緑色で、付属体(根棒状)の
先はあまり太くならない。
御蔵島や八丈島は随所で見られる。


     東京都伊豆七島 2008.5.10

トップページへ  前ページへ