ハイハマボッス


長野県 2003.8.27 画像をクリック

長野県 2003.8.27

長野県 2006.9.5 画像をクリック

長野県 2012.8.23 画像をクリック

長野県 2014.9.6 画像をクリック

山口県 2016.9.26 画像をクリック
      

ハイハマボッス
サクラソウ科ハイハマボッス属
Samolus parviflorus

主に北海道南部と本州の日本海側に分
布、千葉県の一部にも自生する。
低湿地〜山地の湖沼周辺に稀に生える
高さ5〜30cmの多年草。
茎は細く全体に無毛、 葉は長さ2〜6cm、
幅1〜2cmの広楕円形。
この植物が、長野県北部に生育すること
を知り、とある池を訪ねた。
長野県の自生地は池の水が引く盛夏に
出現、白い小さな花を多数つける。
花期は水位により異なるが、概ね8月中
下旬〜9月中旬と思われる。
長野県は北信の2ヵ所で観察できる。


    長野県 2006.9.5 画像をクリック

     長野県 2006.9.5 画像をクリック

    長野県 2009.9.23 画像をクリック

    長野県 2012.8.23 画像をクリック

     長野県 2014.9.6 画像をクリック

   山口県 2016.9.26 画像をクリック

トップページへ  前ページへ