ハマエノコロ


静岡県下田市 2005.11.2
          ハマエノコロ
イネ科エノコログサ属
Setaria viridis var. pachystachys

海岸の岩場や礫地等に普通に生える
高さ5〜20cmの1年草。
茎は基部で分枝して倒れ、ロゼット状
に四方に広がることが多い。
葉は長さ5〜10cmでやや厚い。
花序はエノコログサより太くて短く、直
立して垂れ下がらない。
小穂の基部には剛毛が密生するため、
小穂は隠れて目立たない。
内陸の栃木県は岩船山に自生する。

トップページへ  前ページへ