ハマタマボウキ


(果実)
佐賀県 2013.6.2 画像をクリック
       ハマタマボウキ
ユリ科クサスギカズラ属
Asparagus kiusianus

山口県〜九州北部に分布
海岸の砂浜などにやや稀に生える
草丈50〜80cmの多年草。
太い枝の葉は広卵形、細い枝は稜
及び小突起がある。
4〜5月、 淡黄白色の花をつけ、球
形の果実は黄緑色〜赤く熟す。
ハマウツボ を撮影した砂浜に生育
していたが、花は終っていた。


             (果実)
    佐賀県 2013.6.2 画像をクリック

トップページへ  前ページへ