ハナチダケサシ


長野県車山 2005.7.20
           

ハナチダケサシ
ユキノシタ科チダケサシ属
Astiblbe thunbergii var. fomosa

中部地方〜関東地方北部に分布。
山地〜亜高山にかけての林縁や草地に
生える高さ40〜70cmの多年草。
走出枝をだすのが特徴のひとつである。
葉は3回3出複葉で、頂小葉は卵形、
先端は尾状にとがり、基部は浅い心形、
鋭い重鋸歯がある。
7〜8月、円錐花序をだし、白色の小さ
な花を多数つける。
一見似ているヤマブキショウマはバラ
科なので、やや紛らわしい。
群馬県は吾妻地方などに多い。


      長野県車山 2005.7.20

トップページへ  前ページ