ハナイカダ


(雄花)
群馬県高崎市 2012.5.7 画像をクリック

長野県浅間山麓 2012.8.15 画像をクリック

      
ハナイカダ
ミズキ科ハナイカダ属
Helwingia japonica

雌雄異株
丘陵地〜山地の林縁などに生える
高さ1.5〜3mの落葉低木。
葉は5〜15cm、幅2.5〜6cmの広楕
円形で、先は尾状に尖る。
4〜5月、葉の上の主脈に淡緑色の
小さな花をつける。
雄花は数個集まってつくが、雌花は
ふつう1個、稀に2個。
8〜9月、 直径0.8〜1cmで熟すと黒
色の果実(液果)を1個つける。
谷沿いや登山道などで普通に見ら
れるが、久し振りに撮影した。


             (雄花)
    群馬県高崎市 2012.5.7 画像をクリック

  長野県浅間山麓 2012.8.15 画像をクリック

トップページへ  前ページへ