ハナヤクシソウ


群馬県稲含山 2006.10.19 画像をクリック

群馬県稲含山 2006.10.21 画像をクリック
        ハナヤクシソウ
キク科オニタビラコ属
Youngia denticulata f pinnatipartita

ヤクシソウの1品種で. 羽状に深裂する
タイプをハナヤクシソウと呼ぶ。
山野の岩場、崖などにやや稀に生える
高さ30〜100cmの2年草。
茎は茶褐色を帯びる個体が多く、全体
に無毛でよく分枝する。
根生葉は長い柄のあるさじ形.花期にも
枯れず.茎葉は羽状に深裂する。
8〜11月、 分枝した花茎の先に黄色の
頭花を多数つける。
稲含山の登山道沿いで、母種に混じっ
て点在していた。


   群馬県稲含山 2006.10.21 画像をクリック

   群馬県稲含山 2006.10.19 画像をクリック

トップページへ  前ページへ