ハルリンドウ


愛知県葦毛湿原 2007.5.2

画像をクリック
         ハルリンドウ
リンドウ科リンドウ属 
Gentiana thunbergii

日当たりのよい湿地にやや稀に生える
高さ5〜10cmの2年草。
根生葉は卵形で、茎葉より大きく、ロゼ
ット状で地面に接して越冬する。
3〜5月、茎頂に青紫色の花をつける。
稀に淡紅色の花も見られる。
尾瀬は全てタテヤマリンドウとされてい
たが、須藤志成幸氏が初記載する。
松原湖近くにも自生していたが、 湿地
の乾燥化が進み、姿を消した。


 愛知県葦毛湿原 2007.5.2 画像をクリック

トップページへ  前ページへ