ハルザキヤツシロラン


静岡県 2007.5.2 画像をクリック

東京都 2008.5.11 画像をクリック

東京都 2008.5.11 画像をクリック
         ハルザキヤツシロラン
ラン科オニノヤガラ属
Gastrodia nipponica

東京都(伊豆諸島)、静岡県以西、四国、
九州,、南西諸島に分布する。
常緑樹林の林床などにごく稀に生える
高さ3〜5cmの腐生ラン。
萼筒は長さ約2cm、表面に多少の凹凸
はあるが、平滑で紫色を帯びた褐色。
唇弁は細い基部の上に1対の球形のい
ぼ状突起がある。
4〜6月、褐色の花を1〜2個つける。
花後、果柄は長く伸び長さ 30〜50cm。
現地に到着すると雷鳴と共にバケツを
撒けたような大雨に見舞われる。
雨が止むのを待って再度訪問、憧れて
いた植物に出合った。
スダジイの林床に3株生えていた。
産地は少なく、 しかも地上すれすれに
咲くので探し出すのに一苦労する。


     静岡県 2007.5.2 画像をクリック

       東京都 2008.5.11

        東京都 2008.5.11

トップページへ  前ページへ