ハタベスゲ


長野県 2015.6.9 画像をクリック

(雌小穂)
長野県 2015.6.11 画像をクリック

(花序)
長野県 2015.6.11 画像をクリック
       ハタベスゲ
カヤツリグサ科スゲ属
Carex latisquamea

北海道〜九州に隔離分布
低地〜山地の湿草地などに稀に生える
30〜80cmの多年草。
根茎は短く、 ゆるく叢生し、基部の鞘は
暗赤褐色で有毛。
葉は軟らかく幅3〜6mm、 扁平で縁など
に開出毛が密生する。
頂小穂は長さ15〜25mmの有性.側小穂
(雌性)は2〜3個つき、長さ1〜2cm。
果胞は長さ5〜6.5mm、先はやや嘴状と
なり、広卵形で無毛。
産地は少なく、中々出合えない。


     長野県 2015.6.9 画像をクリック

             ( 葉身)
    長野県 2015.6.11 画像をクリック

             (頂小穂)
    長野県 2015.6.11 画像をクリック

トップページへ  前ページへ