ハタササゲ


沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック
       ハタササゲ
マメ科ササゲ属
Vigna unguiculata var. catjang

熱帯アフリカ原産の帰化植物
低地の原野・荒地・畑地などに生える
草丈30〜40cmの1年草。
葉は3小葉からなり、小葉は光沢があ
って楕円形、先はやや尖る。
ほぼ通年、 葉腋から花柄を出し、白
色〜淡赤紫の花をつける。
莢は長さ7〜13cmの線形で、先端が
斜め上方に反り返る。
九州以南で小豆の代用として栽培さ
れていたものが野生化している。
海岸近くの道ばたに群生していたが、
肝心の莢果を撮り忘れた。


  沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

トップページへ  前ページへ