ハウチワカエデ


長野県 2013.6.9 画像をクリック
       ハウチワカエデ
カエデ科カエデ属
Acer japonicum

山地の林内や沢沿いなどに生える
高さ5〜10mの落葉高木。
葉身は直径7〜12cm、掌状に浅裂
または中裂する。
基部は心形、裂片は狭卵形で先は
尖り、縁には重鋸歯がある。
4〜6月、 紅紫色の小さな花を複散
形花序に多数つける。
高層湿原に向かう林床で撮影する。


     長野県 2013.6.9 画像をクリック

トップページへ  前ページへ