ヒメキランソウ


沖縄県(本島) 2007.3.18
         ヒメキランソウ
シソ科キランソウ属 
Ajuga pygmaes

九州南部〜沖縄県に分布。
砂浜や沿海の路傍などに普通に生える
長さ10〜30cm多年草。
走出枝(ランナー) は所々の節から根を
出し、ロゼット葉をつける。
葉は披針形で鈍頭、 少数の波状鋸歯
があり、基部は細い。
3〜4月、葉腋にルリ色の花をつける。
沿海の路傍に生育していたが、自生な
のか逸出か判断は難しい


      沖縄県(本島) 2007.3.18

トップページへ  前ページへ