ヒメマツカサススキ


長野県 2003.8.30 画像をクリック

長野県 2003.8.30 画像をクリック
        ヒメマツカサススキ
カヤツリグサ科ホタルイ属
Scirpus karuisawawensis

基準標本産地は軽井沢
長野・長崎に分布、群馬は現状不明
日当たりのよい湿地などに稀に生える
高さ1mほどの多年草。
根茎は短く、ややまばらに叢生する。
側生の球状花序は5〜10個、 5個内外
の小穂からなる。
頂生の花序は2回分岐、帯黒灰褐色。
長野県東部の休耕田は珍しい植物が
多く、お気に入りの場所である。
浅間山の噴煙を見ながらの撮影は日
頃のストレスから開放される。


       長野県 2003.8.30

    長野県 2006.9.2 画像をクリック

トップページへ  前ページへ