ヒメスミレサイシン


長野県佐久市 2004.5.22

長野県佐久市 2007.5.20 画像をクリック

長野県佐久市 2007.6.3 画像をクリック

長野県南佐久郡 2012.5.22 画像をクリック

長野県南佐久郡 2013.5.23 画像をクリック

長野県 2015.5.12 画像をクリック

長野県 2017.5.16 画像をクリック
       ヒメスミレサイシン
スミレ科スミレサイシン属
Viola yazawana

関東地方〜中部地方に分布
1899年、矢沢米三郎氏他が、長野県
戸隠山で発見した。
亜高山帯の落葉樹林内などに生える
珍しい小型のスミレ。
花は白色で側弁は無毛、唇弁には紫
状があり、距は純白で短い袋状。
葉は花期には半ば表に巻いているが、
花後には広卵状心形に開き、先端は
鋭く尖リ、基部は深い心形、両面有毛
で縁の鋸歯は粗い。
フォッサマグナ周辺に限られる珍しい
スミレだが、群馬・埼玉県境から長野
県にかけては点々と見られる。


     埼玉県奥秩父 2003.5.29

     長野県佐久市 2004.5.22

   長野県佐久市 2009.5.19 画像をクリック

   長野県南佐久郡 2013.5.23 画像をクリック

   長野県南佐久郡 2013.5.23 画像をクリック

    群馬県 2015.5.28 画像をクリック

    長野県 2017.5.16 画像をクリック

トップページへ  前ページへ