ヒロハハナヤスリ


長野県佐久市 2008.6.24 画像をクリック
        ヒロハハナヤスリ
ハナヤスリ科ハナヤスリ属
Ophioglossum vulgatum

北海道〜九州に広く分布
山地の林床・林縁・草地などに生える
夏緑性の小型シダ植物。
栄養葉は広披針形〜広卵形、基部は
切形で胞子葉の柄を包む。
4月頃から葉を出し、 6月には胞子が
成熟し、夏盛には枯れる。
胞子葉は長さ10〜20cm、胞子嚢穂は
長さ約3cmで鋭頭。
見る機会の多いハナヤスリである。


      栃木県那須郡 2008.5.24

トップページへ  前ページへ